佐賀県感染症情報センター 虹
感染症発生動向調査
腸管出血性大腸菌感染症
日本脳炎
ツツガ虫病
インフルエンザ
ノロウイルス
結 核
エイズ
麻しん・風しん
予防接種
感染症の話
海外旅行の前に
記者発表の記録
リンク集

感染症情報センターのトップページ
患者報告数は1,356名(A型:1,045名、B型:289名、型不明:22名)で、定点あたりの患者報告数は34.77となりました。流行発生警報は継続中です。 *迅速検査キットによる

手洗いや適度な湿度の保持、十分な休養やバランスのよい食事等を心がけ、感染予防に努めましょう。


インフルエンザの流行発生「警報」を発表します(平成29年1月25日PRESS RELEASE)
●予防対策
ウイルス検出状況
●学級閉鎖等の状況
抗体保有状況
厚生労働省ホームページ
健康イラスト

○保健所管内別定点あたり報告数の推移(最近10週間の動き) 
*平年とは過去10年間の平均値

○佐賀県内及び九州各県の定点医療機関あたりのインフルエンザ患者数を示したものです。
○過去10年間及び昨シーズンのインフルエンザ流行状況を示しています.
ページトップへ